漂流して「まんぷく食堂」。

まんぷく食堂宝探しのあとのはなし。

金曜の新橋・銀座ということもあって少し飲むというのにも店が見つからず。結局、某ラーメン屋でおやじ数人でビールを飲みつつ、しばらく屯する。店にとっては迷惑な話しなのだろう。少々待遇が悪い。気がつけばいい時間。店を出て次の作戦を練る。中略(あまりにも行き当たりばったりの行動なので書いても仕方ない)・・・で最後行き着いたのが「まんぷく食堂」。


大川橋蔵などなどむむむ・・・富司純子の緋牡丹博徒・・・大川橋蔵の黒の盗賊・・・多良尾伴内だ。

さすがに、仮面ライダーやウルトラマンにゾッコンな当時の私には無縁な世界だ。(中村白鴎の鬼平は祖父が見ていたが、提灯が画面に大写しになりテーマソングが流れる。このテーマソングが小さな頃どうにも怖くて、離れから母屋に戻ったのを覚えている。)話しが横についそれたが、昭和60年代のガード下のイメージなのだろうか?現在の有楽町のガード下にちょっと面白い空間が出来ていた。それが「まんぷく食堂」。床屋のドアがあったり赤ちょうちんが下がっていたりと様々だが、中身は全て同じ、チャキチャキしたネエサン・ネエちゃんが仕切る飲み屋なのだ。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /