夏みかんピールのチョコレート

夏みかんのピールのチョコレート

冬にとれる夏みかんがなぜ「夏みかん」かというと、夏まで食べられる?(それぐらい、長持ちするミカン)ということらしいが・・・やはり取ってしまったら早めに食べた方がおいしいに違いないと思っている。まあ、そんなわけで、夏みかんを食べてはせっせと何かを作っている・・・。今回は夏みかんのピールをまず作ってチョコレートでコーティング、ココアパウダーをまぶすといった段取り。一番時間がかかるのは、やはりピールを煮ること。ここのところ、マーマレードを散々煮てきた感じからすると、基本的な作業はほぼ同じで良さそうだが、塩を少し入れるらしい。あとは皮を刻む幅だけ5mm程度に広めにしたぐらいだが、正しい作り方かと言うと多少違うかもしれない。煮汁を煮飛ばす少し前まで煮込むので、水分量はマーマレードの時より少なめ。今回も調子に乗って赤ワインを少し使ってしまったが、これは普通に水の方が良かったかもしれない。煮汁をしみこませるために40分程度煮込んでは火を止めてしばらく放置する。これを2回ほど繰り返し残った煮汁をきってざるなどにあげて乾燥させる。翌日、日干しにして、べとつかない程度までしっかり乾燥させて夏みかんピールはできあがり。あとは、湯煎したチョコレートに放り込んで絡めたら、ココアパウダーを振ったクッキングシートかアルミ箔の上に落として適当に冷やして固まったら、ココアパウダーにまぶす。手間はさほどではないけれど、時間はけっこうかかる。煮ておいて堅くなるまで乾燥させて保存しても良いだろうし、ブランデーやラム酒などに漬け込んで戻したものを材料にしても、きっとおいしいだろう。
できあがったら、コーヒーのお供に・・・
オレンジピールのチョコレートは、店で買うことはないかもしれない。
おいしいのレベルはどこまで上げられるかは、非常に難しいところだが、普通に売っているレベルなら材料さえそこそこならそんなに難しくないお菓子だろう。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /