「麺工房はらだ」

 先日、近所のスーパーの前で手打ち麺屋さん?が短期間販売をしていたので、試しに蕎麦とうどんを買ってみることにした。

蕎麦は好きだが、残念ながら近所にはろくなそば屋がなく、どこかで生麺を買ってゆでて食べた方が絶対にいい。

 さて、買った蕎麦をゆでて、麺は冷たく、汁は暖かいかしわ南蛮風にいただくことにして、近所のあまり活用したことのない「鳥屋」さんで「大山どり」を購入。

作ってみると、これがうまい。実は期待せずに買った「大山どり」の脂のおかげで癖がなくそれでいてこくがあってパンチのあるつけ汁となった。汁に入れたきざみ生姜とも相性が良い。そして、蕎麦もうどんもどちらもうまい。正直なところ、過大な期待をせずに買いそろえた物だっただけに、お店の方に「ごめんなさい。」と言いたいぐらいうまい食事となった。「とても旨かった。ごちそうさま」

・・・というわけで、今後は先の「麺工房はらだ」さんが出店していたら、ぜひ買わせていただくし、近所の鳥屋さんも頻繁に利用したいと思う。

写真は翌日の蕎麦がうどんに変わっただけだが・・・つけうどん。コシが強くやはりうまい。パンチのあるつけ汁だと、これぐらい太めのうどんでも負けない。

はらださんのうどん


「大山どり」は、以前買っていた「那須どり」(吉祥寺の鳥の染谷で以前は扱っていた)の風味に似て「茹で鶏」にしても鶏臭さも少なくおいしい。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /