WLI-UC-GNとかGW-USMicroNとか

まあ、似たようなDraft IEEE802.11nに対応した、USB接続のワイヤレスLANのUSBアダプターでどちらもMaxでは150Mbpsの理論値なのだが非常に小型だ。サイズ的にはRalinkのRT3070あたり使っていそうなのだが・・・MacでGW-USMicroNはRalinkのRT2870のドライバーでそのまま動くが、WLI-UC-GNは動かない。何のことはない私は未対応だがてっきり動くだろうとたかをくくって買ってしまったのだ。WLI-UC-GNを無駄にする訳にもいかない。

 ドライバーのinfo.plist(RT2870USBWirelessDriver.kextのContens内)を修正すれば動くんじゃなかろうかという訳で・・・弄ってみることにした。とりあえず、vender Idとproduct Idあたりを追加してやれば動きそうだ。はじめ面倒がって普段使っているアカウントからkextの中身を開いてコピーして修正していたのだが・・・所有権がかわってしまって再起動すると「ちゃんとインストールしろと怒られてしまった」・・・面倒がったために余計な手間をかけてしまったが、結局rootで作業をして再起動すると問題なく動くようになった。試しにiBook G3のUSB1.1のポートで使ってもそれなりに動作している。確かに内蔵のアダプタの方がすっきりもするし、いちいちユーティリティが起動してリンクを確立するのもうっとうしくはあるが。動作は使ってみたところ確実だし11nなので電波もそれなりに強い。うまく動いてくれさえすれば、無駄にせずにすんで万々歳といったところだろう。

うっかりMac用にWLI-UC-GNを買ってしまった場合には、こんな方法もあるということで書いておこう。

追加修正

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /