Gates of Hades



向こうの国で若者に流行っている「デジタルな一服(i-dosing)」というのは、本当なのか?本当であるならどうなっていくのだろう。MRIを使えば、実際のところ解りそうだが・・・
実際のところ「Gates of Hades」に効果があった場合、脳内麻薬が分泌されるのだろうとは思うけれど・・・依存性だとか脳へのダメージとかどうなのだろうか気になるところ。研究を本格的に進めた場合、インプットされる「ある種の刺激?」がドーパミンなどの放出を促したりということもあるのだろうと思う。薬剤の調合みたいに効果をコントロールすることがある程度可能かも知れない。
こういうの見ていると20年後とか本当に脳に対してプラグイン・ドラッグが蔓延ということもありそう。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /