Bluetoothキーボード+iPhone

think outside

Macのショートカットが使えるのはなかなか便利。Windowsキーがそのままcommandキーになる、ちょっとした文書を書くのにはPCいらず。小型のノートブック開くは省スペースだし、もう少しファイルの連携がファインダーのように使えるようになったなら、モバイル端末のOSとしては申し分ないのではないだろうか。不便さはセキュリティの問題なのだけれど・・・
テキスト打つだけなら、iPhoneの液晶の広さは一昔前のノートブックと広さが変わらないことに驚かされる。集中してしまえば、大きさの感覚より文字や画像に集中してしまうので、狭いという感覚が意外なほど感じられなくなってしまう。魔法のようだ。数年前に買ってほどなくアップデートの影響でMacで入力を取り落とすようになってしまったため使えなかった、折りたたみのBluetoothのキーボードがこんなところで役に立つとは・・・でも、先日のATOKのアップデートでキーボード入力はEnglish(US)に切り替える事で入力がATOK?・・・判りにくい何やってんだか。入力の切り替えは、Macと同じcommand+spaceで入力の切り替えの画面が表示される。
でも、正直なところMacBook Airの11インチの方が作業をするということであれば効率的であることには間違いがない。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /