鉛の重さ

活字の文鎮
 印刷屋ではもう使うこともなくなった、鉛の活版の活字。少々重い思いをしていただいてきたのだが、何にするか決めることができずにいた。文字を潰してしまうのは惜しく。そのまま張り合わせ文鎮にすることにした。使われ文字のエッジが、ゆるく、インクに染まった馴染みのもの。全く使われずパリッとしたよそよそしい文字もある。適当に活字を張り合わせ、作ったものだ。数字の並びは、なにを表しているか、おおよそ察しもついてしまうとは・・・思う。

 自分にとってだけ、ありがたい一日。小さな頃からは、想像もつかなかったが・・・気がつけば、ずぶんと遠くにきたものだと思う。わたしのやってきたことは、この文鎮ほども重さがあっただろうか。まだまだ、やっておきたいことを、済ませる時間ぐらいは怠けなければ、いただけるのだろう。

 まだまだ、これから。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /