欲望の船

欲望の船 霞ヶ浦というと汚い湖の代名詞のようだが、30数年前は、まだ泳ぐこともかろうじてできた。遠浅の湖で場所によっては百メートルほど入っても、大人の腰ほどの場所もあった。誘い合わせて2・3人、それともひとりででもシジミ捕りにいったものだ。はじめのうちは、おっかなびっくり。濡れないようになどと思いながら水の中に入っていく・・・。それも初めだけで、姿勢を変えた拍子に尻を濡らしてしまうと、もうどうでも良くなって大胆に水の中に入っていく。濡れる心配など不要になってしまうと、妙に心地よく時間も忘れ、ひたすら足に当たるシジミの感触を探る。当時採れたシジミは、昨今スーパーで見かける小振りなアサリほどもあった。シジミ以外にはタンカイ(カラスガイ)と呼んでいたドブガイによく似た貝。洗うと暗緑色をした大型の貝だった。時には20数センチもあるものもあり、そんな日は意気揚々と帰ったものだ。今では、シジミもタンカイもほぼ絶滅のような状況。

なんとも悲しい。

 ぼくが十代の頃には、もう当たり前に湖底の砂をあさっていく連中がいた。何の権利があって、私たちの湖の砂を取っていくのか。砂浜から続く遠浅だった湖は、今では小さな砂浜さえ姿を消し、数メートルも足を運べば「ドボンッ」とばかりに体が沈んでしまう。見知らぬ湖となり、今さらながらにぼう然と水面を見る。そこには、砂の運搬船を曳航するためのボートの姿が妙に凛としてあって、ぼくらはそんなものに依存して囲まれて安穏と暮らしていて・・・それがぼくには悔しくて悔しくて「ちくしょう。」と心の中でつぶやいた。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /