怒っている。

ウギャウギャ  店頭にバターが、ほとんどないことにお気付きだろうか?そう、バターは現在、市場規模に比べ流通量が非常に少なくなっている。全ては、生きものや天気を相手にしていることも判らず、書類の上の数字しか判らない役人が適当・・・否。不適当な数字をはじき出して乳牛を処分(平たくいえば、屠殺して食肉にしてしまった)させたからだ。確かに、生産過剰で牛乳が安くなってしまっていた状況は、生産者への負担は少なくなかったのかもしれないが・・・その調整すべき数字についての試算が杜撰だったのだろう。相手は生きもの、それも育てて一度出産をさせなければ、乳牛にはならない。かれらは生きもの、紙の上の数字ではないのだ。簡単に書き換えられるものではない。残念ながら、箱の中で数字だけをいじる人には、痛みが判らないし、その連鎖を想像することもできない。様々なものは、互いに関連していて単独の事象などというものはない。



 店頭のマーガリンの値段を見て欲しい、買うのがばかばかしいぐらいの値段になっている。値段が上がっているのは、バターの代わりというだけではない。原材料のバイオ燃料ヘの転換の影響もある。

  危機管理という言葉が使われだして随分立つが、まずは破綻させない・・・危機に至らせないコントロールが重要なのだ。

はたして、どれだけの損害を普通の人々は被ってきたのだろう。

何ともやり切れない気持ちがする。

そろそろ、「バカでいる」という甘えは棄てるべきだろう。これからの世界は、そんなゆとりなど存在しない。



様々な選択の結果の責任は私たちにある。

全ての負担は、末端の小さな自分たちの生活を脅かすのだ。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /