子猫のミルク皿程度の器。

瑠璃蛺蝶

 そう、「ケツの穴の小さいヤツ」とかいうと、婦女子には受けがかんばしくない。「子猫のミルク皿程度の器」というちょうどよい表現を見かけたので、ぜひ使ってみたい。「子猫のミルク皿程度の器」というのは、「太陽の塔」(森見登美彦)の中の一文なのだが、この「太陽の塔」自体もおもしろい。この作品が日本ファンタジー大賞だというのは、謎なのだが。妄想の中を疾走するような感触がすてきだ。むさい男の脳内で起こる妄想という名のメルヒェンという感じで怪しげな内容のくせに切ないとところもあり・・・なかなかおもしろいのであった。


 閉じることのない半分の瑠璃色の円環を煌めかせながら、一頭の瑠璃蛺蝶の姿でどこかを彷徨っている。日陰に咲くこの蝶には、妄想がなんだか似つかわしい。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /