久我山二丁目に産する「葡萄」について。

久我山二丁目産ぶどう 「葡萄狩り」と称する行事がある。毎年恒例の「お隣のO氏」が丹精を込めた「安芸クイーン」と「藤稔」を、常識とはかけ離れた夜の9時過ぎ葡萄の摘み取りに伺うのである。なぜ9時過ぎなのかといえば「日中は雰囲気が悪いから・・・」というO氏の理由による・・・。わたしには不明なのだが、そういうものらしい。

 毎年、血を求めてたかってくる蚊に気が狂いそうになるので、今年は虫よけを塗りたくったその上に長袖を羽織った。準備は万端である。

 電球の黄ばんだ 光に照らされ、暗い中に葡萄棚のシルエットが浮かんでいる。黒く張りきった葡萄の皮の中から、甘い香りがする。暗い中ライトで照らしながら、適当なものを選んでハサミを入れてもらう。しばらくすると抱えたビニール袋もすっかり重くなり、葡萄に関するetc.(ハクビシンの食害とか)を話しつつしばし過ごす。



いつもながらの不思議な時間と空間の感覚だった。





※O氏の「安芸クイーン」はマスカットのような色でもちゃんと美味いものだし、写真の葡萄が色が薄く若いのは、私自身の好み問題なのを書きそえておく。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /