プラタナスのムセカエルヨウナ香り

浅草の街 様々な準備で買い物で歩き回る。先日は、プラタナスの並木の歩道を、雨の中浅草から北に向かう。湿気と夏の名残の熱気で、プラタナスの香りにむせ返りそうになる。この香りを嗅ぐと、小学校の一瞬帰ってしまう。プラタナス近くの雲梯、登り棒、旋塔といった遊具と共に散々遊んで少し赤くなった手。

 このまま進めば、あの頃に届きそうな気がしてしまう。


真鍮の蝶
真鍮の蛾あるいは蝶 金具から、埃と油と金気の混じった古くさい匂いがする。こんなものに使うとかさだかではない。それでも、こんなことに使ったらおもしろいだろうと楽しんで選んだものだ。買ってきたそのままでは、何に使うにも具合が悪い。少々人の手が触れるところを磨いて適当に曇りと汚れをとる。気がつけば手の匂いは古びた道具箱の匂いとおなじになっていた。自分が作るものに使うための儀式のようなもの・・・

使うものと使う側を合わせていく、私自身のチューニングなのだと思う。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /