なんてことのない、だけど大切なもの。

大切にしているわけでもなく、それでいてなくなってしまうととても困ってしまう、レジの脇にオマケのように置いてありそうな感じの「鉛筆削り」。見ての通り妙に小さい鉛筆削り。三菱鉛筆uniのノックタイプの芯を削るという極めて単機能なモノ。この鉛筆自体使い始めたのはここ3年ほどで、この組み合わせは、私にとって手放せない。普通の鉛筆と同じように、使い易い気に入った太さを保つには小まめに削りながら使う・・・それを煩わしいと感じるか、緊張を緩める時間と考えるかは人それぞれ。この二つの道具を見ていると、適当にインスタントなくせに妙にアナログな微妙なポジションは、何だか自分に似ている。どちらがどちらを選んだのか、フィットしていることにはかわりがない。この「鉛筆削り」、最近は見かけ無くなってしまったせいなのか、妙に愛着を感じている。こんなちっぽけでちゃちなものかも知れないが、大切に使っていきたいと思う。
鉛筆削りとノックタイプの三菱鉛筆uni

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /