「茹で鶏のラー油酢醤油がけ」

torirayu

グラフィックソフトの扱いを教えていいるビショップさんから、先日「茹で鶏」と「山椒の香り高いラー油」をいただく。柔らかく茹で上がった鶏に爽やかな山椒のフルーティーな香り・・・想像しただけでうまそう。鶏は、手羽先の茹で汁で茹でてあって、驚くほど柔らか・・・箸先に力を入れずにふわりと繊維がほぐれる。単純に酢醤油にラー油を合わせて、千切りキャベツの上に載せた鳥肉にたっぷりとかけ回す。熱い肉にかかったラー油から香りが立つ。ビショップさんありがとうと思いつついただく・・・うまいっ。
今度は自分で似た方法で鶏を茹でようかと思う。鶏手羽を茹でるのは、ちょっとあとの処理が面倒になりそうなので・・・手元のコラーゲンパウダーを使って・・・出汁は少し弱くなってしまうかもしれないけれど、きっと肉は柔らかく茹で上がるのではなかろうか・・・フライパンで熱したラー油をかけて、酢醤油はつけ汁にしたほうが旨いかも知れないなどと考えつついただく。残った茹で汁は当然スープか、塩味で整えてお酢を加えて酸辣湯風にしても旨いかも。ラー油も普通のはつくっていたけれど、今度は聞いた作り方にアレンジ(すぐには青山椒など手には入らないので・・・)を加えて自家製のおしいいラー油も作ってみましょうか。
撮影はiPhoneの「一眼トイ」・・・残念ながら、まだうまく撮れない。さすがに、トイカメラで撮ったようにとは言うものの・・・不自然すぎる。自分でもう少し撮り方考えて調整しないとソフトの良さも生かしきれないね。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /