Intel MacでSheepShaver

Intel MacでSheepShaverを使う。classic環境が動かないIntel Macを印刷関係で使うのは、まだまだキツイ。sheepshaverを使えばOS9でしか動かないソフトがほとんど動いてしまう。(ドングルが必要なソフトは難しそうです)sheepshaver自体も、以前は設定ファイルを自分で作成する必要があったのが、今のバージョンではGUIで設定することができるようになりだいぶ敷居が低くなりました。スクリーンショットはPhotoshopのv4.0。FontoGrapher4.1Jは、NFPU(FPUなし)ではないと動かなかったりと多少問題はあるかも知れません。使ってみての個人的な感覚では、そこそこclassic環境のかわりに使えると言った感じです。OS9を起動するのに使っているMAC.ROMはMac OS ROM update 1.0のもの(たぶんMacOS8.6のもの?)で漢字Talk7.6では未確認、8.xから9.0.4まで動かすことが出来ます。OS9が必要な人は試してみるのもいいんじゃないでしょうか?
SheepShaver

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /