色が褪せるということ。

aosuji

生きているものは鮮やかに見える。それは多分健やかなことだ。どんなにキレイなものでも死んでしまうと生きていた時の輝きは失われてしまう。このアオスジアゲハも、生きていたときはすばしっこくて、手の届かない高さで羽をキラキラさせながら飛び去ってしまう。わたしはさながら宝石をみるように少し離れた地面から羽ばたく空を眺めている。
そんな、アオスジアゲハも死んでしまうと、生きていた時の輝きを失ってしまう。生きているというのは,ただそれだけで素晴らしいことなのだろう。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /