どうせ何時か壊れるにしても・・・

hitachi

HDDは消耗品・・・分かっています。でもね、半年で壊れるって初めてなんだけど・・・それも海外ではRMAで対応していて国内では非対応ってのは・・・日本製の製品を応援したくとも、その会社が日本を見ていないのでは話にならない。グローバルに均一なサービスであることが、フェアな気がするのだが・・・。言い訳にその国々での対応を持ち出した時点で、「これから先の事を考えていないのではないだろうか?考慮するに値しないと判断しているなら、この会社はダメかな・・・」と思ってしまう。その上、枯れてしまった事業に買収で金をつぎ込むって戦略的にも終わってると思うのはわたしだけ?Seagateは一時期評判かなり落としたけど、問題が大きかったのもあるが対応が早かった。また、故障品も1週間ほどで交換品が手元に届いた。愚痴っていても仕方ないので、今後は他のメーカーのHDDを買うことにする。最近購入したこのメーカーの他のHDDが、心配だ・・・
今時、誰が半年も持たない製品に5000円だすのか?今回のことは本当に「ガッカリで、復旧の手間を考えるとウンザリ」ほとんどデーターが入ってなかったのは、ラッキーかな。
日本の企業がだめになってしまった原因は、こんなところの細かい点の対応が・・・そういった事なのかも知れない。自社の製品が、半年も持たなかったことこを恥づべきではなかろうか?(自分なら、たぶんそうだし)こんなんじゃ、製品に誇りなんて持ってないんだろうなぁ・・・
そんなことも判らないかな。下手したらまた中国の企業に買収なんてことにならなきゃいいけどね。技術ごと持って行かれてしまうから・・・

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  インターネット /  ソフトウェア /  ちょっとした情報 /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  ハンドメイド /  ふと思うこと /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  未分類 /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /